ボケ防止に大切なことは

近年、認知症やアルツハイマー病に関するニュースが社会問題となっています。こうした症状が深刻化すると、夜中に1人で家を出てしまい家に帰れなくなってしまうということもあるようです。これらの初期症状がいわゆるボケというものですが、このボケは決して高齢の方に限った症状ではありません。中年の方でも発症してしまうケースが多く見られます。早いうちからのボケ防止をおすすめいたします。

◯ 毎日の散歩を欠かさない

毎日散歩することは、ボケ防止におすすめです。散歩は有酸素運動の1つです。有酸素運動をすることによって脳へと送る血流が良くなり、たくさんの酸素と栄養が行き届きます。すると理解力や記憶力、判断力などの機能が上がるようになります。

こうした働きが、ボケ防止に繋がります。ちなみに有酸素運動なら何でも良いと思われるかもしれませんが、ジョギングや水泳、エアロビクスなど動きの激しいタイプの運動よりは、深い呼吸をしながら運動出来るゆっくりしたタイプの運動が良いです。まずは散歩をすることから始めてみてください。

◯ 頭や手を使うことを意識する

ご存知の方も多いかもしれませんが、頭や手を使うことはボケ防止に大切なことです。なかでも将棋や麻雀、囲碁などのように、頭と手が連動したものは特に良いとされています。どのようにコマを動かせば相手に勝つことが出来るか頭の中でイメージし、そのイメージに合わせて手を動かしています。

この行為は脳をバランス良く使うことが出来るので、ボケ防止グッズとしては最適です。これらが難しい場合でも、日々の生活のなかで頭や手を使うということを意識して行動すると良いでしょう。

◯ 栄養バランスの良い食事をとる

私たちが普段欠かさず行っている食事もボケ防止に有効です。健康な身体を維持するために栄養バランスの良い食事はボケ防止に繋がります。なかでもカレー、オリーブオイル、野菜ジュース、コーヒー、魚、ごま、納豆はボケ防止に良い食べ物だと言われています。

これらの食べ物を積極的に食べるようにしてはいかがでしょうか。また1日の食事において、どうしても不足してしまうような栄養素はサプリで摂取するというのも1つの方法です。弊社では、ボケ防止におすすめのプラセンタサプリ、ビタミン・ミネラルのサプリを取り扱っております。