脳を老化させるNG習慣

脳が老化すると、ボケが進行しやすくなってしまいます。若い人でも、間違った生活習慣を続けると脳が老化してしまうので、ボケ防止のためにも普段の生活を見直しましょう。こちらでは、何気なくやってしまっている脳を老化させる習慣をご紹介します。

◯ スマホの使いすぎ

スマホは非常に高性能で便利なので、スマホがない生活なんて考えられないという方も多いのではないでしょうか?
分からないことを調べたり、後で必要になる情報をメモしたり、どんなことでもスマホに頼ってしまうと、自分の頭で考えなくなり、記憶力も使わなくなってしまいます。スマホで調べる前に、一度自分で考える、覚えるべき内容は繰り返し言葉にして覚える、紙に書いて残しておくなどの方法をとり、スマホに頼りすぎない生活を心がけましょう。

◯ マンネリ化した生活

毎日、家と職場の往復を繰り返すようなマンネリ化した生活を送っていると、脳がその生活に慣れてしまって働きが鈍くなってしまいます。
ボケ防止には、脳に刺激を与えることが大切です。行動パターンを変えて、働きが鈍くなった脳に刺激を与えましょう。
いつもとは違うルートを歩くだけでも、脳への刺激になります。また、新しい趣味を始めたり、行ったことのない場所を探検してみたり、という行動もおすすめです。

◯ 夜ふかし

睡眠は、脳を休めるための時間です。夜になると、脳はお休みモードに入ります。しかし、夜ふかしをして睡眠時間が短くなると、脳は休めなくなってしまうのです。夜遅くからの食事も、休みたい脳をムリヤリ働かせることになるので、夜9時以降はなるべく食べ物を口にしないようにしましょう。 これらの習慣を改善するだけで、ボケ防止に繋がります。このような習慣に心当たりのある方は、すぐに改善するよう心がけましょう。

弊社では、ボケ防止をサポートするおすすめサプリを販売しております。
いつまでも健康な体を保ちたいという方は、ぜひ弊社のサプリをお試しください。